MENU

良くある質問Q&A

よくある質問をまとめましたのでご参考にしてください。

 

臍帯血の用途について教えてください

臍帯血には血液を作る元となる『造血幹細胞』が多量に含まれています。
例えば白血病は血液のがんですので、健全な造血管細胞に入れ替えてあげる必要があります。 このとき採取しておいた臍帯血を使用し、治療を行います。

 

どの病院でも採取できますか?

臍帯血の採取にはご出産予定の病院側の協力が必要です。
臍帯血バンクでは病院との調整を行いますので、お気軽にお問い合わせください。

 

帝王切開でも採取できますか?

採取は可能ですが、ご出産時の母子の安全が優先ですので採取できない場合もあります。
その場合の費用は一切発生しませんのでご安心ください。

 

双子の場合も大丈夫ですか?

一卵性でも二卵性でも採取できます。

 

臍帯血は本人のみの利用でしょうか?

造血管細胞を移植するには白血球の型が一致しなければなりません。
ご本人であれば100%の一致で、ご兄弟の場合は25%の確率で一致しますので、 非血縁者より利用できる確率は高くなります。

 

移植の完治率はどれくらいですか?

病状や臍帯血の細胞数など様々な条件にも依りますので一概には言えませんが、 おおよそ35〜70%とお考えください。
100%とは言えませんが、ドナーを探すよりも治療できる確率は格段に高くなります。

 

採取・保管費用はどれくらいですか?

総額で、10年保管で25万、20年で30万です。
期間満了後もご希望があれば保管期間の延期もできます。

 

保管期間中に臍帯血を使用した場合、費用はどうなりますか?

年割計算で、残り期間の費用をご返金いたします。

 

臍帯血が必要となった時はどうすればいいですか?

臍帯血を治療に利用される場合は、臍帯血バンクまでご連絡ください。
引き渡しの手続きが始まります。担当スタッフが全てサポートしますのでご安心ください。

 

臍帯血を病気で困っている第三者に提供できますか?

臍帯血バンクには公的バンクと民間バンクがあります。
公的バンクは第三者に提供或いは研究に利用しますので、ご希望の際は公的バンクにご提供ください。 この場合、私的利用はできなくなりますのでご注意ください。
当サイトは民間バンクのご案内です。民間の場合はご本人とその親族での利用となりますので、 第三者へのご提供はできませんのでご理解ください。

関連ページ

ご契約と保管までの流れ
臍帯血保存・保管・費用ご契約と保管までの流れ。
費用とお支払い方法
臍帯血保存・保管・費用とお支払い方法。
公的バンクと民間バンクの違い
臍帯血保存・保管・費用公的バンクと民間バンクの違い